第106話悪魔騎士のプライド!!の巻

「二階堂マリ」って曲あるの知ってる?

水曜日のカンパネラというユニット(?)が歌ってるんだが、なんかクセになるんだよねw

興味あったらチェックしてみてくれ。

解説はアデランスの中野さん!

さて再開キン肉マン第106話だ!

ニンジャの先祖さますげぇなw


我々日本人がなぜお盆にお墓参り行かねばならないのかを諭してくれたというかね。

クロウズ・ボムズアウェイから脱出し、エルボーとキックの反撃に成功するニンジャ!

そしてブロッケンたち正義超人の存在に気付くが…。

ブロッケンJr「ニンジャーッ!

大丈夫か!?」


リングサイドに振り向くニンジャ。

ブロッケンJr「超人血盟軍として共に闘ったあの日々を忘れたとは言わせねぇ!」

しかしニンジャの返答は今回の戦いは超人血盟軍としてではなく、悪魔騎士として戦っている!

ニンジャ「なれ合うのもいい加減にしろ!」

超人血盟軍はソルジャーを頭としたチームだったからこその共闘だったというね。

なるほどね。

ニンジャ「いいか、あの時の拙者の主はソルジャーだった。

だからおぬしとも組んだ。

だがこのたびの闘い、わが主はあの悪魔将軍様だ!

拙者も生粋の悪魔超人として覚悟を決めてこの闘いに挑んでおる!

完璧超人始祖という巨大な敵との闘いに!」


おお~、いいなぁニンジャ!かっこいいなぁ!

その証拠を見せるように悪魔忍法でカラスマンに猛攻撃をくわえる!!

空気手裏剣とはいいアイデアだね。

これなら凶器じゃないし、肉体を使った技だしいいんじゃないですか!!

ニンジャ「拙者の狙いはただひとつ!

おぬしの命を頂戴すること!

それが正義超人には決して遂行できぬ!

悪魔著人ならではの仕事ーーーっ!」


このニンジャの決意を聞いてブロッケンは悪魔の配りょを確信するのであった!

よーし!ニンジャよ!そろそろトドメを決めてやれーーーっ!

ウゲェーーーー!!鉄製の手裏剣ーーーっ!!

タブーの凶器攻撃ーーーーーっ!!


おいおい大丈夫かなw

来週カラスマンが「凶器攻撃とは…貴様ゆるさーん!!」とかなんないかな?w

しかし今週のニンジャは熱くてよかったですね。

ただ「ニンジャの言っていること」と「ブロッケンの理解」と「俺の認識」が完全に一致しないんだよなぁ。

どういうことかと言うとバッファローマンやニンジャたちの正義超人側についたことのある悪魔たちは、

正義超人を巻きこみたくないと言うよりは、あくまでも悪魔は悪魔のやり方で戦いたいわけでその邪魔をされたくないという印象なんだよな。

だからブロッケンの理解は自分に都合よく理解しているように見える感じというかさ。

もっと言えばそもそも悪魔超人は敵対関係にあったと思っていた可能性もあったのかよw

バスターズドッキングの邪魔をしたのは間違いなく救出だろうよw

でもあの時まだアイドル超人は到着してなかったか。

俺の認識が間違っているということならそれまでだが、このあたりはみんなの意見も聞きたいところかな。

もう一つ言っておくと超人血盟軍の真・友情パワーが微妙にブロッケンには伝わってなさそうな気がしないもないよねw

銀閣寺に駆け付けた正義超人で「真・友情パワー」が出てきた時に死んでいたのはブロッケンだけだったしな。

そんな感じだね!

ちゃんと来週も更新あるのか不安だがまた一週間頑張ろうね!

そういえば焼き鳥の画像上げるって言ってたのに忘れていたからここで上げとくわ。

写真 2 (1)


写真 3 (1)

カラスマンもこうなる予定だが…果たして…!?

よし!今回の予想大会は銀のマスクの光線だ!

さてこの話をする際、俺がずっと昔からなんか腑に落ちないシーンがあることを話さなくてはならない。

それはマシンガンズvsヘルミッショネルズの試合終盤、

アポロンウィンドウを見つけられないキン肉マンが地球に対して自分たちにも力を貸してくれと懇願するシーンだ。

あのあたりはもう試合がクライマックスに向かっていくから細かいことも気にならない熱い場面だが、

冷静に読んでみるとあの懇願シーンで空から光が射すところって強引だよねw

何の説明もないんだよね、その現象について。

が、ふと47巻を読んでる時に思ったんだが、これもしかしたら銀のマスク(完璧のマスク)が力を貸した可能性はあるんじゃね?みたいなさ。

キン肉マンという漫画では前のシリーズのラスボスが今のシリーズでは仲間になることが多いが、

黄金のマスク編で改心したゴールドマンとその弟シルバーマンが実は力を貸していたというのはなんか感動しねえか?

そんな感じだね。

最後は闘魂イラストのコーナーだ。

キン肉マンウーマン編だ。


今回はテリーマン、ターボメン、ネプチューンキングが7票ずつ入ったのでこの3人だね。

まずはテリーチャン
chan8.png


都会を夢見る田舎の女の子って感じだね。

お母さんのドリーちゃんに「あんたはすぐサボるクセがある!」って怒られるみたいなさ。

ターボちゃん

chan5.png


ポニテっすよ!

ネプチューンクイーン


chan4b.png


ネプチューンクイーンはなかなか気に入ってるかな。

完璧な美を追求する古代美人界最強の美人!

4年連続ミスキャン優勝みたいなさw

おまけとしてネプチューンちゃん。


chan6b.png


ケツアゴがポイントだね。

ヘル美ッショネルズみたいなね。

と3人描いたらなんか気分が乗ってきてジャック・チー、ポーラマン、イワオも描いたからもうここで上げるわw

アンケートの意味ねえじゃねえか!と思われそうだが、読者博士、お許しください!

ポーラちゃん

chan2.png


ウォーズマン戦でよだれ垂らしてたのが印象的だったからね。

そういえばキン肉マン肉まんまた売ってるみたいね。


ジャーちゃん


chan9c.png

個人的に一番好きだなー!

パトレイバーの香貫花クランシーがモデルだね。つーかまんま香貫花だねw

俺、香貫花一筋だからさ。

イワコ

chan3b.png


なんか着ぐるみ着てるみたいなそんな感じだね。

イワオやキン骨マンは本編でも登場してほしいなぁ。

ファンの人には悪いけれど、ウルフマンよりよっぽど出てほしいんだよね。

アニメ版好きな人ならこの気持ちわかるだろ?w

もっと言うとマリさん、五分刈りの旦那、瀬木具地アナとかさ。

キャラがキャラだから掘り下げる必要もないし、観客として描かれるだけでいいんだけどなぁ。

無理かなぁ。

そんな感じだ。

キン肉マンウーマン計画、少し面白くなってきたからもう1,2週やろうか!

ただアンケートの掟を破ってポーラマンとか描いちゃったから5人追加しよう!

追加する超人は君たちが決めてくれ。

早い者勝ちだ。






というわけでよろしく。

また来週!





FC2 Management

緊急特番祝日は家族サービスだ!の巻

祝日だから家族の愛を感じるような闘魂イラストを上げておきたいと思う!

この闘魂イラストの続きだ!


ミスターアメリカンの子どもを見に来たプリプリマンだが…。

higeki1.png


higeki2.png


higeki3.png


higeki4.png


higeki5.png


higeki6.png


higeki7.png


あー心温まる家族愛のストーリーだったね!

そういえばPTA推奨のブログを目指していたのを思い出したぜ!w

これでまた一歩夢の実現に近づいたな!


ではまた来週!

第105話地獄の業火で焼き尽くせ!!の巻

俺の名前?

奈良茶だよwバカヤローw帰れ早くw

というわけで今週のキン肉マンやってこう!

ネバァー、モアァー

うーん、何なんだ?カラスマンは一体w

やはり不発に終わった業火羽輪の術!

しかも跳ね返されて火だるまになるニンジャというブロッケン戦を思い起こさせるシチュエーションだね。

転所自在の術でなんとか火だるまから脱出するが、俺なんかはご先祖様の忍装束脱いで大丈夫か?と思っちゃうんだけれど、大丈夫か!?

先の事を考えずに無謀な攻撃に出るとは。忍者としておまえは失格だ」というサタンクロスのセリフが頭に浮かんじゃうね。

続けて火山の絵を用いてカラスマンを攻撃するがこれも先を読まれてほぼ不発状態!

カラスはなんでも巣を作るからすごいよね。

木の枝やらハンガーやらを使うらしいじゃん。

我々人間なんて丈夫な建物じゃなきゃ嫌なのに大したもんだよ。

そしてカラスマンのクロウズ・ボムズアウェイでザ・ニンジャ絶体絶命の危機に!

そんな中正義超人たちが銀閣寺に到着!

俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。

キン肉マンが屁で飛んでるのがいいですねw

後ろ飛んでる超人とマリさんがパンツ見せながら落ちていく絵が思い浮かぶねw

そこで目にした光景とはーーー!?

最後のニンジャは落下途中でいいんだよね?

俺じゃなきゃわかんないね。

というわけで今週はこんな感じかな。

うーん、そうね、こんな感じだわw

正義超人が到着するまで試合は大きく動かないという意識があるから余計にね。

来週に期待したいと思う。


予想大会だが、今回はアシュラマンの腕についてだ!

結論から言うとアシュラマンが陸式と戦ってる途中で腕全部切られるが、

死んだアトランティス、魔雲天、カーメン、スニゲーター、プラネットマン、ニンジャ(?)の腕がニョキニョキ生えてきて闘いそうじゃね?

ステカセとスプリングマンはなんかうまく理由つけて生やさないようにしてさ!

完璧な予想だね!俺じゃなきゃ予想できないね。

おう、ついでにアンケートも答えていってくれよ。

このアンケートの目的はこの後説明するから、とりあえず投票してってください。

好きな超人アンケートというわけではないから、適当に投票してってくれ。

結果を何に使うかはだいたいわかると思うけどな!




現時点でアビスマンが一番投票入ってるから今回はアビスマンだ。

じゃあアビスマンでやってみよう!

chan1.png

はい、やりたいことはもうわかっただろう!

毎週一人ずつこれをやっていきたいわけだ。

毎週最も得票数の高い超人でやって、最後まで票が少なかった超人一人だけはやらないということだね。

俺じゃなきゃやらないね。

ちなみに超人のリストは俺が適当に選んだから特に意味があるわけではない。

ではよろしく。

ラストは闘魂イラスト。

三属性超人代表。




こういう「下手なりに頑張ってカラーで描きました!」系がすこぶる評判悪いのはわかってるが、仕方ないね。

こないだの日英クロスボンバーも全然だったもんな。

俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。

ではまた来週!

休載編ターゲットはアトランティス!!の巻

子どもたちが糸で操られた人形の踊りを見つめている、

その踊る姿はまるで王の格好をした貧困者に見える。

そしてそれは君の周り、いたるところで見られるはずだ。

(Emerson,Lake&Palmer "The Endless Enigma"より)


操り人形の踊りを見つめる子どもたちっていったい何の事を指しているのかな?って長年思ってたんですが、

これってメディアに作られたタレントとかのこと言ってんのかもな。

つーかこの曲自体がマスコミ批判のような気がするな。

ELP好きな人はぜひコメント欄に意見をくれたまえ!w

てなわけでターゲットを決めてその超人について語るターゲットシリーズ第二弾!

前回はロビンマスクだったが、今回は悪魔超人アトランティスでいこう!


アトランティスと言えば今話題性が高いのがvsマーリンマンの一戦だよね。

当時あのあたりをリアルタイムで読んでなかった読者超人にあの頃の雰囲気を補足すると、

ちょうどステカセキングの大変身やカーメンも高速退場、BHの"I"なんかもあって前三戦はけっこう盛り上がっていたんですよね。

残る1stステージの試合はキン肉マンの試合、武道の試合、そしてアトランティスの試合だったわけだが、

キン肉マンは相手がこの時点では不気味だったピークア・ブーだったこと、

武道は一体どんな試合を見せてくれるのか楽しみだったことというのがあってアトランティス戦はもうあまり期待してなかったんだよね。

相手もマーリンマンという水中戦の得意な超人でなんか盛り上がらない感じがプンプンしておりました。

ところが!

アトランティスが見せたロビンマスクとの一戦に対しての侮辱をゆるなさいという姿勢や、

首の傷をストロングポイントにしたエピソードなどでかなり引き込まれたんだよねw

ステカセキング戦でもその兆候はありましたが、悪魔超人がアイドル超人たちに対してリスペクトという概念を抱いているのがかなり意外だった。

それを初めてダイレクトに見せたのがこのアトランティスだったわけだね。

一方で旧作でのアトランティスはそういう一面は全く見せなかった。

スプリングマンや魔雲天と同じような卑怯な手段を使うことも厭わない完全な悪魔超人という印象だったであろう。

ミートのパーツを池の中に沈めたり、アトランティスドライバーでロビンを始末したりね。

そのアトランティスのこれまでをもう一度振り返ってみましょう!

ではやっていこう!


>★vsロビンマスク

実際のところアトランティスはロビンよりも実力的には数ランク下の超人だと俺は思う。

ガンマンじゃないが、まず自分の得意な水中戦に持ち込もうとしている時点でロビンに敵わないことを告白しているようなもんだ。

ウォーターマグナムを使用したのも池の中に引きずり込むためのものだし、おそらくロビンのあの鉄仮面だとセントヘレンズ大噴火も不発になりそうだしなw

その点ロビンはロビン戦法No.2を守りながら戦い、堅実に勝ちを狙いにいっていたわけだね。

この戦いに関してはミートという人質がいたため、超人戦士らしく相手の土俵でも闘うという選択肢はなかった。

アトランティスは相当手こずったことだろう。

だっていくら策を弄してもロビンが池に入ってこないんだからねw

そこでアトランティスはその頭をフル回転させてある手段を思いつくわけだがこれがミート魚のエサになる!?の巻事件だね。

これもロビンの性格の利用や人質の有効活用、戦場の移動という非常にメリットの大きい作戦で、

ジャンクマンの言う「悪魔騎士は計算高い」をアトランティス的に実行したものなんじゃないかな。

そんな中アトランティスの計算ミスは水中戦でもロビンの方が上手だったことだ。

こりゃあびっくりしたろうなw

ゲェッ、オレ今パイルドライバーかけられてるーーーっ!!

みたいなさw

しかし結果は砂の助けもありアトランティスドライバーでロビンを倒すことに成功。

有名なケケケ~~~ッ!!になるわけだな。

俺が初めてあのケケケ~~~ッ!!を見たのは原作ではなく、アニメ版だったんだがマジで落胆したなぁ。

しかもアニメだとロビンの死に方がグロさ10倍増しなんだよね。

(どうもアニメ版のはマスクだけでなく、生首もアトランティスが持っているような気がしないでもない…。)

そんなこんなでアトランティスがロビンの鉄仮面を持っているんだが、ページをめくっていくとアリサさんにあの鉄仮面が渡っているんだよね。

ということは…?

誰かがアリサさんにマスクを渡したんじゃないか?と思うわけだ。

俺の仮説では渡したのはアトランティス本人だろう。

立派に戦った旦那の形見を奥さんに渡して、せめてもの慰めにしてもらおうと考えたんだろう。

なわけねーだろ!

そう、俺の考えでは逆だ。


アリサさんはロビンの形見を見るたびにアトランティスのことを思い出すだろう。

仮にあの世界の人間や超人がアトランティスのことを忘れても、アリサさんは絶対に忘れないだろう。

アトランティスは悪魔超人だ。

ロビンを抹殺するだけでなく、その奥さんであるアリサさんの心にも深い傷を負わせることにしたんじゃなかろうか。

結果的にアトランティスはキン肉マンに倒されロビンは復活するが、もしロビンが復活しなかったらアリサさんは立ち直れないであろう。

そう考えると恐ろしく残酷なヤツだな…。

それゆえにアトランティスがロビン戦を誇りを思うのはなんかわかる気がするんだよね。

ありとあらゆる手段を使い、悪魔らしく卑怯に、かつ、残酷に正義超人のリーダーを抹殺することに成功したわけだから大手柄だよね。

しかもスプリングマンに続く団体戦二連勝、ステカセとBHの借りも返せたというアトランティスにとっては超人レスラー人生最も充実していた瞬間なんじゃないかな。

バッファローマン、魔雲天、カーメンもこの時点では優勢だしな。

★テアトル東京へのビデオ通信

テリーマン帰還後テアトル東京とビデオ通信した正義超人と悪魔超人だがここでもアトランティスはなかなか鋭いことを言うんだよね。

アトランティス「しかもわれら3人にくらべておまえらの勝者テリーマンとブロッケンJrの傷つきようはどうだ!」

これ、初めて読んだ時「うわ、うっぜえなコイツ」みたいなこと思ったことを未だに覚えてますね。

確かにアトランティスの言うとおりアイドル超人軍はボロボロw

ブロッケンも実質的には敗北だしな。

悪魔超人たちのこのビデオ通信での目的って実際は二つあったと思うんだよ。

一つはキン肉マンの降伏を促すため。

もう一つはキン肉マンが降伏しない場合有利な立場を得ること。


まず一つ目だが、テアトル東京内はテリーとブロッケンの帰還によって沸いていたわけだが、

ここで正義超人たちが再度強い結束を結ぶのは避けたいはずなんだよね。

そこで正義超人に対して過酷な現実を突き付ける(正義超人の実力者が倒されたこと、テリーとブロッケンがボロボロであることetc)ことで、

キン肉マンのダメ超人魂を煽って降伏させるつもりだったんだろう。

もしかするとあの時の3人の悪魔によるセリフはある程度打ち合わせがされていたのかもねw

スプリングマン「じゃあおまえたち二人にキン肉マンを不安にさせるのは基本任せるぜ」

アトランティス「ケケケ、ならバッファローマン。おまえのバックアップにオレは回るぜ」

バッファローマン「よかろう、オレ様がメインをさせてもらうぜ」

みたいなね。

結果は失敗。

キン肉マンは死んでいった仲間たちとの友情を守ったわけだが、これが失敗しても二つ目の目的であるキン肉マンに対して不気味な言葉を残すという行動をすることで心理上有利な立場を取ることには成功している。

新シリーズでバッファローマンを部隊の隊長として信頼している6人の悪魔超人の姿が描かれましたが、3人でもこういう形で連携できたり、

悪魔霊術・血しばりだったりを見るとアトランティスの言う「7人揃ってひとつの部隊」というのはまさにその通りだなと思いますね。

★vsキン肉マン

ロビンの弔い合戦という強い思いを持ったキン肉マンと闘うわけだが、血しばりが解除されたらかなり劣勢になっているという印象だ。

セントヘレンズ大噴火もかなりのダメージを与えましたが破られているし、ミートのパーツ池投げ込み戦法もミートの機転で不発。

スプリングマンに「役立たず」と言われてしまうくらいであった。

やはりこのキン肉マン戦を見るにアトランティス本人の実力って高くはないんだろうね。

水がなかったり、血しばりもなかったらもっと早く倒されていた可能性もあるだろう。

だからこそロビン戦の勝利が勲章になってるわけだね。

キン肉マン戦におけるアトランティスについて語りたいのはラストのキン肉バスターだよね。

今シリーズの悪魔超人を見ると最後のキン肉マンバスターはアトランティスがバッファローマンのためにわざとかかったようにも見えるんだよね。

ここは解釈が分かれるところだろう。

俺個人としてはわざとかかりにいったんじゃないかと思うんだよね。

理由としては先にも述べた新シリーズでの出撃直前の回想シーンでの会話なんだよな。

7人の悪魔超人という部隊はどこまで行っても1000万パワーを誇るバッファローマンをいかに活躍させるかを念頭に置かれた集団であって、

ケースによっては6人が捨て石になることも当然のこととして認識されてるだろう。

キン肉マンバスターを破らないとキン肉マンを倒せないだろう(キン肉マンはさらにその上をいったが)し、

自分の敗戦は濃厚だったのだからバッファローマンに後を託す意味でもわざとかかっていったんじゃないかなと。

★vsマーリンマン

アトランティスの旧作最後の登場はオメガマンの指の一つになってだったが、新シリーズではテームズ河に出現!!

同じ水棲超人の完璧無量大数軍マーリンマンと決闘をする!!

これが名試合だったよねw

まずグラウンド戦がかなり見ていて面白かった。

けど、ふと思ったんだけれど、ロビン戦でもキン肉マン戦でもアトランティスがこんな立ち回りはしていないんだよな。

もうこれが2555日の訓練の成果だよね!

かつては自分に有利な水中戦に持ち込もうとした男が、今回は水中戦に持ち込まないように地上戦で相手を抑え込むだけの力をつけたみたいな。

セントフレンズ大噴火も応用的な感じでかけているし、アトランティスミスト→キングコングスラムと技の連携もかなりパワーアップしている。

それでもマーリンマンの方が上手で水中戦に引きずり込まれるが、ここからがこの試合の熱いところだよね。

ロビンとの一戦をののしられたことによりアトランティスのパワーが覚醒していくわけだが、

まさにこれがロビンがネメシス戦で言ったリスペクトという概念!

すなわち友情パワー!


アトランティス「おまえら冷徹な完璧超人には絶対に理解できないパワーがこの世のにはあるんでぇ!」

個人的にこの時のアトランティスも超人強度が何倍にも増えていたんじゃないかなと思いますね。

マーリンマンの超人強度が2200万パワー(だっけ?)というのを考えると、アトランティスも2000万パワー以上にまでなってたんだろうな。

さて、アトランティスのこういう姿を見てもポールの親父たち大人はただの悪魔野郎と切り捨てましたが、少年ポールはこのアトランティスを応援することになり、

ピンチを救ったりもするわけで非常にここも面白いよね!

たぶんこの試合が始まる前の読者ってのはポールの親父みたいなのが大半だったと思うんだけれど、

中にはポール少年みたいな読者もいただろうし、試合が進むにつれポール少年に戻った読者もいただろう。

その意味で言うとポール少年が読者そのものみたいな存在なのかもしれないね。

ラストはあのロビンの必殺技でマーリンマンを仕留め、アトランティス自身も息絶えることとなりましたが、

このシリーズの悪魔超人たちがアイドル超人たちの必殺技を使うとこって面白いよね。

ステカセはパロスペシャル、アトランティスはタワーブリッジ、スプリングマンはロングホーントレインと。

ロビンの言うリスペクトという概念が悪魔超人にも伝染していて、その元となっているのはキン肉マンでという風に旧作での戦い、

すなわち幾度かの試練、困難の打撃が一体どういう花を咲かせたのか?という回答にもなっていますよね。

このシリーズ入ってたびたび思うのは、ここまで旧作を大事にしつつ、なおかつ、新しいキン肉マンの物語を作っていけるのは本当すげえなぁということですね。

旧作好きな人なら絶対に楽しめるこのシリーズを今進行中で楽しめる時間というのは大事にしたいね。

というわけでターゲットはアトランティス!!は以上!

前回ロビンマスクで、今回アトランティスなのは何か意味があるのかというと特にはない。

たまたま因縁のある超人が続いただけだね。

次はアシュラマンかネプチューンマンをやりたいんだけれど、再登場してからにしようかなと思う反面、

まだ登場していない今の段階でこそ語れることもあるような気もするし、思案のしどころだね。

できれば38巻以降で再登場した超人がいいんだけれど、ラーメンマンなんかはキャラがよくわからんくて書けそうにないので困ったもんだぜ!w

というわけで、3連休なんてブログ更新しても人が来ないのはこれまでの経験上よくわかっているんだが、

超人委員会からの補助金を打ち切られるといろいろ困るので今回はこれくらいで許してくれたまえ!

ではラストは必殺・闘魂イラストでぃ!!

キン肉マンマリポーサvsロビンマスク!

あーーーっと、両者リングインだーーーっ!!


posa1b.png


posa2.png


マリポーサを闘魂イラストでやるのってワニに追いかけられるやつ以来か?

前回ゼブラで、今回マリポーサってことは次回の闘魂イラストはビッグボディ、ソルジャー、フェニックスのいずれかからやりたいね。

フェニックスは何度もやってるからソルジャーかビッグボディかな?

ではまた来週!!


------------------------------------------------------------------
おう!アンケート作ったからよぉ、時間ある人は協力しておくれよ!

何のためのアンケートかは後日お知らせしよう。

第104話驚異の超速バトル!!の巻

ゴングは鳴った!!

ニンジャ「リング上では完璧も下等も関係ない!

実力こそが全て!」


しかしカラスマンのスピードはニンジャのそれを上回っていた。

み、見ろ…カラスマンの野郎、順逆自在の術をさらに返しやがった!!

アワワ…サタンクロスやフェニックスでさえ順逆自在の術を返すことはなかったというのに…。

このカラスマンのスピード、テクニック、パワー!

すべての面でニンジャをを上回っているーーっ!!


カラスマン曰くゴールドマンですらその速さから捕える事ができなかったという。

そしてそのカラスマンが見せた技は…!!

カラスマン「クロウピーク!」

ゲゲェッ、くちばし攻撃!!

そ、そういえば聞いたことがある…。

カラスに頭部をつつかれたら人間の頭蓋骨は陥没してしまうと…!!


速攻に次ぐ速攻で攻撃を喰らいまくるニンジャ!

一方鳥取砂丘ではアイドル超人たちがその様子をメガビジョンで観戦していたのだった。

ブロッケンJr「ニンジャ…」

かつての対戦相手であり、チームメイトであるニンジャを心配するブロッケン…

その時!

ウォーズマン「行こう!

彼らが闘っているそこは京都なのだろう。

この鳥取からならすぐ近くじゃないか」


キン肉マン「お…おお確かに」

ウォーズマン「ならば正・悪連合軍として同盟を結んで闘ったオレたちも応援にかけつけようじゃないか」

ブロッケンの方に手を置くウォーズマン。

う、うおお…ウォ、ウォーズマン…!

あんたって人は…!


この言葉を聞いたブロッケンは駆け出していた!


ブロッケンJr「当り前じゃねぇか!

これ以上この状況をただ見ているだけなんてもうオレにはゴメンだぜ!

一刻も早く京都へ行くんだーーーっ!」


ブロッケンの姿を見て笑みを浮かべるラーメンマン。

「私も行くぞーーーっ!」

テリーマン「ミーもだ!」

ミート「ボクも!」

キン肉マン「お…おわぁ~おまえら私も連れてけ~~~っ」

駆けだす5人。

それを見つめながらウォーズマンはある人物への約束を果たすことを誓う。

視線を切った先に見据えるは今は亡き師の姿…。

こうしてウォーズマン以下6人のアイドル超人軍は京都へ!!

キン肉マン京都編だねw

カメラは切り替わってまた京都へ!

かなりの攻撃を喰らっていたニンジャだが、ただ喰らっていたわけではなかった!

ニンジャ「拙者たち忍びは苦しみを感じぬよう修練されている」

カラスマンが再度クロウピークを繰り出すがすべてかわすニンジャ!

いいぞぉ!

そして準備完了!!

よ、よく見ろ!

リングの上に羽が舞い散っておるぞ~~~~っ!!

ニンジャが羽を一枚空に投げ捨てるーーーっ!!


ニンジャ「忍法水鳥羽輪の術ーーーっ!!」

でたーーーーっ!!

ここから焦熱地獄が始まるぜ!

次回はみんなでカラスマンの焼き鳥を食べるかもしれんのう!w


塩派の人ーー!

はい、塩派は向こうに並んでね!

タレ派、タレ派の人はこっちに並んでくれたまえ!

というわけで再来週の次回105話は焼き鳥食べながらキン肉マン読みましょう!w

ブログ記事に焼き鳥の画像を上げて深夜テロもしてやるからよぉw

覚悟しろよ、てめえら!グヘヘヘヘw


ということで今週はアイドル超人たちのやりとりがすごく良かったね!

ウォーズマンがロビンの代わりになるために奮闘する姿は非常によかったね。

これ、京都に行ってニンジャを応援するときにXの陣形とか作ったりするのかな?

それだとかなり燃えるよねw

リングサイドも焦熱地獄になるよなw

次回休載なのが非常に残念だなぁ。

では予想大会といこう!

前回パスした分今回は2つの予想しよう!

しかも2つともストロング・ザ・武道に関することだ!


覆面狩り予告その1!!

武道のマスクはクロスボンバーで狩られると見た!!

というのもネプチューンマンって下等超人がマスクをつけるな!って思想を持っていたが、

今の武道は成長した下等超人より醜い!よって完璧超人の掟によって覆面を狩ってやるぜーっ!

クロスボンバー!


ゲェー、おまえはーっ!!

みたいなことになるんじゃないかと。

なさそうね。

覆面狩り予告その2!!

ストロング・ザ・武道再登場の回は史上最高の盛り上がりを見せる!!

キン肉マンの有名なエピソードの一つにテリーマンの帰還の回にジャンプアンケート1位をとったというのがありますが、

みんなも感動した回だと思う。

俺なんかは先にアニメ版の子どもたちを泣かせにかかってくる演出を見て、

後から原作読んだ時に「アニメと違うじゃん!」と思いつつも、こっちの静かな薄暗い廊下で帰ってくる方もいいなぁ~!と思いましたね。

それだけテリーマン帰還は我々にとって大きな意味を持つシーンだが、武道の帰還はまた違う意味で大盛り上がりするのは間違いないだろう。

い、いよいよヤツが帰ってきやがった…!!(ガクガク)

的なことになり、テリーマン帰還とはまた別のベクトルでの名シーンになりそうだな!

というわけで予想大会は以上!!

ラストは闘魂イラスト!

もちろん今回も過去の焼き回しだ。

王位争奪サバイバルマッチ開始直前!


2oku1_201409071505021a8.png


2oku2_20140907150503cab.png


2oku3_20140907150505ba6.png


2oku4.png


2oku5.png


2oku6c.png


2oku7.png

2oku8.png


学級崩壊を阻止したゼブラ先生!!

ロビン先生の未来や如何に!?


最近焼き回しが多いが、8月に過去の焼き回しイラストを7,8本くらいまとめてアップする記事を作る予定だったんだが手を広げすぎて1本も完成しなかったので、現在1本ずつ完成させて上げているという状況です。

計画性持ってやらないとダメだねw

というわけで来週は休載だが、何か考えて記事を上げれるといいなぁ~…という感じだがよろしく!

さよなら。
|TOP|

超人予言書200X年6月の項―

奈良茶(正義読者超人)

Author:奈良茶(正義読者超人)
ここは寂しいほこらのキン肉マンの感想を書くブログです。
過去の記事に関しては全記事復活!!(したはず!)

Fighting History of キン肉マン